営業部では新商品の開発や、海藻を使った新しい提案など、さまざまな取り組みに日々挑戦しています。「おいしさ」と「消費しやすさ」が両立する海藻商品をつくり、お客様の健康や笑顔につなげていくことが、私たちの使命です。

お客様の信頼と満足を得ることが何よりの喜びです!

菊野さんの仕事内容を教えてください。

営業部の責任者として、取引先の対応売上および利益率の管理をしています。2018年に常務取締役に就任してからは、原料の仕入れも行っています。
ヤマナカフーズには、本社のほかに東京・新潟・大阪・広島に営業拠点があり、スーパーを中心に幅広く営業活動を行っています。

良い商品づくりのために心掛けていることは?

商売において、「利は元にあり」という言葉があります。これは私の座右の銘でもあります。良い商品を作るためには、良い原料を仕入れること。そのために、厳しい目で品質を判断し、買い付けを行っています。どの商品においても、いつも変わらない味をお客様に提供できるよう、安定した品質の原料を常に追い求めています。

営業部の強みはなんですか?

ひじき・わかめ・こんぶ(とろろ・塩こんぶなど)を、全体的にプロデュースできるノウハウや知識を持ち合わせているところですね。月1回、全国の営業が本社に集まり、情報交換を行っているほか、気になる製造ラインや原料を自分の目や舌で確かめながら、個々の営業力を高めています。営業が商品開発から携わっていることも大きな強みです。

仕事でやりがいを感じるときは?

やはり、成果が出ることで喜びや自信、次へのステップにつながります。
全国の量販店やスーパーなどの主な取引先に自社の商品が認められ、定番として導入していただけたとき。そして、棚に陳列された商品がお客様に認知され、リピーターになっていただけたときには、達成感を感じます。

おすすめの自社商品は何ですか?

「伊勢志摩産芽ひじき、長ひじき」「伊勢志摩産カットわかめ」「伊勢志摩産あおさ」は、産地や製法にこだわっていますので、一人でも多くのお客様に地元の特産品を食べていただきたいですね。

今後の目標は?

今後は、付加価値・加工度の高い商品開発に挑戦していきたいです。まだまだ販売の可能性を秘めている商品がたくさんあります。「自然の素材を生かした、よりおいしいものをより安く」をモットーに更なる飛躍を目指していきたいです。

ページTOPへ